毎日をちょこっとhappyにするトレンドキャッチアップサイト
2015.05.17 » 3年 前

5月病?6月病?社会人が悩まさせる6月病対策や原因を調査!


あの頼りになる上司ですら、6月病にかかる危険性があると言われています。
新5月病とも言われるこの病気、なんとかしたいですよね?

sponsored link

そこで、当サイトのスタッフが原因と対策を調査!

あなたの後輩や先輩にも予備軍がいるかもしれません。
適切なアプローチを心がけましょう!

 

名前はかわるけど、根本的な原因は同じ

photo-1429000263672-1b8b4008d2f7

出典:http://www.splashbase.co/

5月病と6月病の違いは何でしょうか?

正式な病名は「適応障害」です。読んで字のごとく、「適応ができない状態で苦しむ病気」です。
適応できない状態とはもちろん、”新しい環境”が大きな原因です。

新入社員の方ならお判りかと思いますが、社会に出ると学生の頃と比べ生活環境が一変しますよね。
これまで、アルバイトしか経験がなかったのであれば、なおさら。フランクな人間関係が難しい職場だってあるでしょう。

「あの先輩には気を使わないと」
「先方には、きちんとしていないと」
「上司に業務報告をきちんとしないと」

などなど、いろいろと神経を使う場面が多いはずです。

 

sponserd link

時期がずれてきた?

小保方さん退職決定!今後のキャリアを現在から予想してみた。

出典:http://www.photo-ac.com/

はじめのうちは緊張感があっていいのですが、少しずつ慣れてきた5月に体に影響が出始めることが多いです。

これが5月病と言われていますが、最近は6月に5月病の症状がでているケースが多いです。
時期がずれているのはなぜ??!!

それは、連休明けの「部署配属」が大きな原因のようです。
というのも、4月5月は研修などで忙しく、緊張感もあり、同期もいるため、あっという間に時間が過ぎていきます。

しかし、6月の本配属になると、部署によってはいきなり現場に出たり、延々と雑用だけだったりと、理想とは違った現実が待っています。
ええ、こんなはずじゃなかった」と思いやる気がなくなってしまうのです。これが6月病の主な原因のようです。

しかし、新入社員だけではない!

新入社員だけではなく、先輩や上司もなりがちだと言います。
同じく6月に配属されてきた新入社員の教育や自身の異動、転勤などで、「ええ、こんなはずじゃあ・・・」になりがちなのです。

まじめな人ほど注意!!!!

東京イルミネーション:新橋〜汐留はデートにおすすめ!2014〜2015年

出典:http://www.photo-ac.com/

そもそも、適応障害が発生しやすい傾向として、「まじめな人」が多いようです。
休みの日になっても仕事が気になってしまう方は要注意です。

オンオフの切り替えをしっかりしていれば、適応障害にはなりにくいとされています。
お休みの日は、おもいきってお出かけするジムで体を動かすなど、何かの行動をして仕事を忘れるという方法がいいでしょう。

 
.

sponserd link

 

こんな症状はやばい?!6月病のサインかも!?

インフルエンザ2015の症状や潜伏期間は?熱が出ないケースとは?出典:出典:http://www.photo-ac.com/

もし、あなたが普段の生活で以下のようなことを感じていたとすれば、少し危ないかもしれません。
以下に6月病の特徴をあげます。

・便秘、下痢、腹痛が起こる
・吐き気が起こる
・疲れやすい
・だるい、体が重い
・寝つきが悪い
・熟睡感がない
・朝起きられない
・食欲がわかない

・気持ちが落ち込む
・不安や焦りを感じる
・イライラする
・やる気が出ない
・何をするのもめんどうでおっくうになる
・判断力や思考力が低下する
・集中力が低下して、物忘れをする
・今まで興味があったことが楽しめない

出典:https://www.pluswellness.com/

 

これらは、うつ病の判断で使われるものでもあります。
仮に上記の症状がずっと続くようでしたら6月病の可能性が高いでしょう。

放っておくと、うつ病にかかる危険性も高まります。

 

うつ病の原因はセロトニン不足!

インフルエンザ2015の症状や潜伏期間は?熱が出ないケースとは?

出典:http://www.photo-ac.com/

sponserd link

脳内でセロトニンという物質が生成されますが、うつ病の方はまさにこの「セロトニン不足」だと言われています。

セロトニンには、朝日で生成されると言われています。
朝起きたら、まっさきにカーテンを開けて日差しを取り込みましょう。

なかには、日当たりがよくないマンションの方もいると思います。

そういった方は、朝の15分間ウォーキングをオススメします。
歩くことで「ベータエンドロフィン」という快楽物質も同時に生成することができます。

ランナーズハイ現象をつくりだすほど、”きもちいい”と感じる快楽物質です。

(※脳内麻薬とも言われ、ベータエンドロフィンがあれば、麻酔なしで親知らずを抜けるのだとか!)

本で話題の「ラン活」!ランニング効果で健康な毎日を
出典:http://www.photo-ac.com/

セロトニン&ベータエンドロフィンで、健康的な精神をつくっていきましょう。

ちなみに、実際のうつ病患者さんの初歩的な治療も「まずは軽いウォーキングから」だそうです。
これは予防にも効果があるそうですから、ぜひやってみてくださいね。

 

まとめ

いかがでしたか^^最後までお読みくださり、ありがとうございます。

面白かったら、シェアをお願いいたします↓

この記事を書いた人

よしかな
よしかな
独身アラサー女子。婚期を逃しちゃった気分から一新して、いまを楽しむライフスタイルに意識を向けて、日々エンジョイ中♪自分磨き、新しい出会いを楽しみながらも、受けた刺激をランキング記事にのせていきます^^