毎日をちょこっとhappyにするトレンドキャッチアップサイト
2015.01.05 » 3年 前

スノーボード初心者のよくあるマチガイ!必要な持ち物10選!


スノボ初心者がついついやってしまう、痛いミス・・。

あなたも、そうなっていませんか?

sponsored link

 

板やブーツなど、初心者ではあまり知らない常識。

間違った滑り方や練習方法。

後悔してしまう服装など・・・。

 

挙げればキリがありませんが、

ぜひ知っておいて欲しい情報をまとめました。

 

また、管理人の経験上から、

スノーボードには必要であろうと思われる持ち物を10選んでみました!

 

これから初めて滑りにいくかたは、

同伴する上級者に少しでも迷惑がかからないように、

しっかりと準備していきましょう!

 

それでは、本文でお会いしましょう^^

 

初心者必見!板やブーツのあるある

スノボード初心者の滑り方はこれだ!レッスンなんていらない!
出典:http://www.photo-ac.com/

 

まだ慣れていないのに、

いきなり板を買おうとしていませんか?

 

実は板には、種類があり、

滑りたいスタイルに合わせて形が違います!

 

例えば、こんな感じで滑る方法を、

グラトリといいます↓

 

※2分01秒あたりが分かりやすいと思います。

 

よくベテランたちが、滑りながらピョン跳ねたり、

クルクル回っていると思いますが、

それ専用の板があるんです。

 

管理人もそれを目指して、

グラトリ用の板を購入しました!

 

値段は7万円くらいだったと思います。

 

で、このグラトリの板に関しては、

横から見るとこんな形をしています。

 

スノーボード初心者のよくあるマチガイ!必要な持ち物10選!
出典:http://howtosnow.com/junbi/selectitem/selectboard/selectboard.html

 

つまりUの字になっているんですね。

こういう板を「ロッカー」といいます。

 

なぜロッカーなのか?

と言われると、理由はわかりません^^;

 

特徴としては、Uの字になっているので、

ウォーリーなどのジャンプがやりやすいです。

 

ウォーリはこちら↓

※1分45秒のように板をそらすようなテクニックです。

 

カンタンにジャンプできますし、

グラトリは決まると本当に気持ちいです(笑)

 

しかし、注意があります。

それは、まっすぐ滑りにくいという特徴があります。

 

Uの字ですから、不安定なんですよね^^;

 

仲間と一緒に競争をしても、

安定的にまっすぐ進めないので、

スピードがあまりでませんでした(笑)

 

sponserd link

ちょっと前置きが長くなりましたが、

ロッカー1つとっても、板にはいろんな特徴があります。

 

sponsored link

 

ですから、自分がどんなスタイルで滑りたいかがはっきりしてから、

はじめてマイボードを購入するのが調度いいと思います^^

 

またブーツに関しても、

板とセットで買うでいいと思います。

 

よく、「ウェア・板・ブーツ」の3点セットでレンタルしていると思いますが、

「ウェア・板」の2点セットでもさほど値段は変わりませんし、

あまりそんなレンタルをみたことありません(笑)

 

また、せっかくブーツを買うのであれば、

ヒモがないタイプがいいと思います。

 

これ、かなり楽チンですよ。

 

間違った練習はNG!正しい滑り方を

やみくもに滑っていませんか?

 

それなりにうまくなってくるのですが、

ずっと木の葉で滑っていないでしょうか?

 

こちらの記事で木の葉滑りを解説していますが、

ずっとこのままでは、いけませんよ(笑)

 

 

このように、左右にしっかりターンできるようになって、

はじめて脱初心者、と言っていいと思います^^

 

コツとしては、「つま先、かかと」を意識して、

しっかり体重をかけることです。

 

初心者がよく陥ってしまう恐怖から、

操作ができなくなってしまうことがあると思いますが、

 

びびらずに、ゆっくりでいいので、

「つま先、かかと」に体重をかけてみてください。

 

それだけで板がゆっくり右、左と方向が変わってきますので、

そうなったら、膝を曲げて思いっきり体重をかけます。

 

それを繰り返していくだけです^^

 

まずは、大きくカーブを描いていきましょう。

 

だんだんと小刻みができるようになってきますので、

焦らずにゆっくりとやってみてください。

 

できれば、人がいないところで、

 

斜面を全部使う気持ちで左右に蛇行しながら、

降りてきてみてくださいね^^

 

後悔する前に!ウェアや中に着る服装など

スノーボード初心者のよくあるマチガイ!必要な持ち物10選!
出典:http://golfnahibi.sblo.jp/article/62819408.html

 

ウェアの中に何を着ていいのかわからない、という人がいます。

結論から言うと、ヒートテックです!

 

上下にロングのヒートテックを着込んでいけば、

かなり暖かいはずです。

 

また、いくら寒いとはいえスポーツですから、

けっこう汗をかきます。

 

たまに、ヒートテックにトレーナーを着込んでいる人がいますが、

それはちょっと着込み過ぎかな、と思いますね^^;

 

sponserd link

しかし、寒さに弱い、人よりも寒がりという体質の方は、

着込んでもOKだと思います。

 

特に痩せている女性は、

衝撃を和らげる意味も含めて着込んでおくといいかもしれません。

 

必要な持ち物10選!

初心者の方は、実際何が必要なのか?と疑問だと思います。

そこで、管理人が感じる必要な持ち物を紹介します^^

 

ただし、「板・ウェア・ブーツ」は、

レンタルしているという前提での10選となります。

 

■帽子

防寒という理由もありますが、

転倒した際のショック帽子の面が強いです。

 

安くてもOKですので、ニットタイプがいいと思います。

 

ただ、どうしても怖いという方は、

こんな感じでヘルメットタイプもOKだと思います。

 

■グローブ

手が寒いのはかなり苦痛です^^;

 

レンタルという手段もありますが、

だれが使ったかも分からないものを使えません(笑)

 

以前、民宿っぽいところへ泊まった際、

そこのレンタルが全然乾いておらず、

手袋からかなりの悪臭がしました(笑)

 

そんなトラウマから、

手袋はどうしてもレンタルできません。汗

 

気にならない人はレンタルでもokだと思いますが、

さほど高くありませんので、買ってもいいと思います。

 

ちなみに、Gore-Tex(ゴアテックス)という素材が使用されているものがいいと思います。

 

アメリカの会社が開発した防水に優れた素材で、

命がけの登山などの製品にも使用されているものです。

 

ということで、グローブは値段も考慮して、

5000円前後の製品を購入してみては如何でしょうか?

 

■ゴーグル

山の天気は変わりやすい上に、

快晴ですと太陽が雪に反射して目が痛いです。

 

視界を守るためにも、

ゴーグルは必ず持っていきましょうね^^

 

レンタルという手段もありますが、

以前管理人はレンタルしたものが乾いておらず・・・以下略。

 

レンタルは当たり外れがありますから、

5000円程度のゴーグルで十分ですので購入してもいいと思います。

 

レンズは2重構造ですと曇りにくいため、

わざわざ曇り止めを使用する必要はありません^^

 

■リフト券入れ

500円ほどですが、あると全然違います。

 

いちいちリフト乗るときに、

ポッケから券を取り出すのは大変面倒です。

 

もし忘れたとしても、

現地には必ず売っていますのでご安心を。

 

しかし、慌てないためにも、

前持って購入しておくといいと思います。

 

■長い厚手の靴下

慣れていないと、ブーツは足が痛くなることがあります。

 

sponserd link

厚手の靴下であれば、ブーツとのスレや衝撃が緩和されるので、

絶対と言っていいほど履いていった方がいいです。

 

管理人はバスケットをやっていたこともありますので、

専用の靴下を履いていきました^^

 

結果、とっても楽でしたよ。

 

ユニクロなどにも、

厚手の靴下は売っていると思うので、

事前に必ず購入しておいてください。

 

■小銭入れ

案外、軽視されがちなアイテムです。

 

貴重品はロッカーに入れて置いた方がいいため、

基本的に財布は持っていきません。

 

(たまにゲレンデに財布をなくす方もいるので、

絶対にロッカーの中にしまっておきましょう。)

 

そのため、昼飯代程度のお金を入れておく、

小銭入れなんかがあれば、かなり便利です。

 

家にある使っていない財布でもOKだと思います。

 

■スマホ用防水ケース

連絡手段としてスマホをゲレンデに持っていくと思いますが、

必ず防水の処理をしておきましょう!

 

天気が悪くなれば、雨だって降ってきます^^;

軽視しないでもっていくと安全です。

 

■ビニール袋

スマホの防水ケースまで買う気がしない、

という方はビニール袋でもいいと思います^^

 

ちょっと、かっこ悪いかもしれませんが、

スマホを守るためであれば致し方ありません。

 

一緒に小銭入れでも入れておくといいと思います。

 

■ハンドタオル

いくらスマホを防水しても、

衝撃に耐えられないといけません!

 

スマホをハンドタオルで一巻きして、

チャック付きのポッケに入れておけば、

これで安心して転倒することができます(笑)!

 

■ネックウォーマー

ぜったいあった方がいいです(笑)

 

いくら熱くなったからといっても、

山の上はやっぱり寒いです^^;

 

首元が冷えると、一気に寒気を感じますので、

集中するためにもネックウォーマーは持参しましょう。

 

あつくなったらポッケにでもいれておけばOK!

 

まとめ

いかがでしたか?

 

管理人のこれまでの体験を踏まえた10選ですが、

いや〜違うだろ、と感じるものは不採用でOKです(笑)

 

なにより大事なのは、

安全に帰ってくることです^^

 

そして、じっくり楽しんで、

いい思い出をつくってくださいね♪

 

最後までお読みくださり、ありがとうございます。

 

他にも数分で読める記事をたくさん用意しています。

画像をクリックして読んでみてください^^

この記事を書いた人

なかやん
なかやん
ウェブサイトをつくったりしている20代男。筋トレをこよなく愛しており、筋トレサークルを立ち上げてしまったほど。睡眠時間が十分でないと、記事作成に支障がでる、燃費非効率なボディに悶々としながら、1つ1つのライティングに思いを込めています。