毎日をちょこっとhappyにするトレンドキャッチアップサイト
2014.12.29 » 3年 前

箱根駅伝2015の順位予想は?!駒大、東洋、早大、明大、青学のどれ?


箱根駅伝の優勝チームはどこだと思いますか?

「5強」と言われているチームの中で決まると思うのですが・・。

sponsored link

 

 

箱根駅伝が2015年1月2日と3日で開催されます。

毎年、「いつだっけ?」と忘れてしまいがちな管理人です^^;

 

今回も5強と言われる駒大、東洋、早大、明大、青学が揃っています。

優勝はどこでしょうか?今年も見どころ満載です。

 

箱根駅伝2015の順位予想は?!駒大、東洋、早大、明大、青学のどれ?
出典:箱根駅伝2015/陸上競技マガジン1月号増刊号/ベースボールマガジン社

 

それぞれの注目選手をピックアップしながら、

ズバリ予想してみました。

 

イケメン選手もご紹介しますので、

必見ですよ〜^^

 

いったい、どうなることやら。

箱根駅伝2015は目が離せませんね。

 

それでは、記事でお会いしましょう〜!

 

 

駒沢大学はエース村山選手にかかっている?

おしくも昨年の大会では、2位に終わってしまった駒沢大学。

今回は、駒沢大学のエースが今回の鍵を握っていると思われます。

 

前回の大会では、監督自身が「成長の年である」とし、

どうしても勝ちん対する欲が足りなかったそうです。

 

しかし、その反省も活かし、

今回は必ず勝ちにいくと気合十分。

 

その支えとなるのが、

注目選手のエース村山。

 

箱根駅伝2015の順位予想は?!駒大、東洋、早大、明大、青学のどれ?
出典:箱根駅伝2015/陸上競技マガジン1月号増刊号/ベースボールマガジン社

 

実は城西大学の村山選手と実の兄弟であることも有名。

 

今年は兄弟揃って4年生でもあり、

最後のチャンスとなります。

 

そんな駒沢エース村山選手は、

練習でもチームをリードする立場に。

 

いわゆる、「エース区間」と呼ばれる2区では、

やはり村山選手が走るのでしょうか?

 

sponsored link

 

 

また、駒沢大学は常に優勝候補として騒がれるのですが、

なんと2008年から優勝していません。

 

sponserd link

そのような背景もあり、

今年は今まで以上に期待が寄せられています。

 

また、エース村山選手は、兄弟揃って注目されていることもあり、

逆にこの期待がプレッシャーとならなければいいのですが・・・。

 

しかし、そのエースを支える存在として、

後輩の中谷選手も注目されています。

 

箱根駅伝2015の順位予想は?!駒大、東洋、早大、明大、青学のどれ?
出典:箱根駅伝2015/陸上競技マガジン1月号増刊号/ベースボールマガジン社

 

実は監督もこの中谷選手にかなり力を入れているようで、

もしかしたらこの選手が2区を走ることになるかもしれません。

 

ちなみに、村山兄弟の死闘はこちら。9分48秒あたりから

 

下手にプレッシャーがかかっていない分、

エース達に負けずに走りきることができるかもしれませんね!

 

管理人は、今年は駒沢大学を応援したいと思っているので、

ぜひぜひ良い結果を出してほしいですね〜。

 

東洋大学の見ものは「双子のイケメン」選手

「双子のイケメンランナー」といえば、

東洋大学の服部選手です。

 

箱根駅伝2015の順位予想は?!駒大、東洋、早大、明大、青学のどれ?
出典:箱根駅伝2015/陸上競技マガジン1月号増刊号/ベースボールマガジン社

 

走っている姿はかなり野生児なのですが^^;

普通にしているとカワイイ感じですよね。

箱根駅伝2015の順位予想は?!駒大、東洋、早大、明大、青学のどれ?
出典:箱根駅伝2015/陸上競技マガジン1月号増刊号/ベースボールマガジン社

箱根駅伝2015の順位予想は?!駒大、東洋、早大、明大、青学のどれ?
出典:箱根駅伝2015/陸上競技マガジン1月号増刊号/ベースボールマガジン社

 

しかも、服部勇馬選手は、全日本大学駅伝で、

2区で区間賞をとっています。

 

しかし、実は目立ったところはそこだけ、

と言っていいほどの結果でした。

 

全日本大学駅伝では、東洋大学はなんと4位。

前回の駅伝優勝チームとは思えない大敗っぷりです。

 

 

(ちなみに、前回の全日本駅伝大会映像はこちらです↓)

 

 

実は、前回の駅伝で優勝した際に在籍していた、

設楽兄弟が抜けたこともあって、

チームでの力が不足しているのですね。

 

今回はイケメン服部兄弟が、

その穴埋めができるか期待したいところですね。

 

区間賞を取ったので、服部選手の仕上がりは順調だと思うのですが、

sponserd link

ほかの選手がどのように調整してきたかが気になりますね。

 

服部選手の2トップだけで終わってしまうようでは、

2連覇は難しいでしょう。

 

チームの総合力が発揮できるかが、

東洋大学のポイントになるのではないでしょうか?

 

今年は結果だせるか?!早稲田大学!

前回の箱根駅伝では、4位に終わっている早稲田大学。

ここ数年は常にベスト5入りを果たしている強豪チームでもあります。

 

しかし、ながら全日本大学駅伝では、

なんと7位という結果になっています。

 

これだけ見たら、「絶対、優勝ではないだろう〜」というのが、

一般的な意見だと思います。

 

管理人にも、早稲田は優勝しないと思っています。

 

ですが、そのように期待されていないと、

結果が出てしまうというダークホース的な存在となるかもしれません。

 

一気に区間でごぼう抜き・・なんてことはありえないでしょうが、

じわりじわり、と順位を上げてきたら要チェックかもしれません。

 

早稲田のイケメン選手は、個人的に山本選手です。

 

箱根駅伝2015の順位予想は?!駒大、東洋、早大、明大、青学のどれ?
出典:箱根駅伝2015/陸上競技マガジン1月号増刊号/ベースボールマガジン社

 

前回は箱根を走っていないだけあって、

良い走りを見せてほしいです!

 

パッとしないがチーム力で勝ちに行く明治大学

箱根駅伝2015の順位予想は?!駒大、東洋、早大、明大、青学のどれ?
出典:箱根駅伝2015/陸上競技マガジン1月号増刊号/ベースボールマガジン社

 

パッとしないのですが、

全日本大学駅伝では2位を記録しています!

 

それもそのはず。

 

1年生から実力を伸ばしてきたツワモノ達が、

今回は4年生となり、最後のチャンスを掴みにきます。

 

もしかして、結構いい順位に行くのかも?と思っています。

 

流れに乗っている明治大学ですが、

箱根駅伝の優勝はなのと66年間もありません・・・!

 

優勝すれば、66年振りの快挙となりますから、

ぜひ応援したいところですよね。

 

管理人は、駒沢大学を応援したいので、

複勝として、明治大学を応援します(笑)

 

勝利を確信している青山学院大学のエースとは?

5強のなかでも、いまだにダークホース的な存在である青山学院大学。

しかし、全日本大学駅伝では、なんと3位に輝いています。

 

sponserd link

それで、今年は割と注目を集めているわけです。

 

なにが起こるかわからない箱根駅伝ですから、

脱ダークホースした?青山学院大学に注目したいですね!

 

予想順位&まとめ

いかがでしたか?

 

5強それぞれが個性を持ったチームで、

本番はぶつかり合います。

 

若いパワーを応援すると、

こっちまで元気になりますからね^^

 

ぜひ一緒に応援しましょう〜。

 

さて、気になる予想順位ですが、

以下のようではないかと思います。

 

1位:駒沢大学
2位:明治大学
3位:東洋大学
4位:青山学院大学
5位:早稲田大学

 

やはり、大注目の駒沢が1位となることは、

想定しやすいことだと思います。

 

東洋大学は、前回の優勝の余裕から、

チャレンジャーの駒沢に負けてしまうのではないかと思います。

 

66年振りの優勝目指した明治大学は、

2位にランクインしますが、駒沢には勝てず・・。

 

そして、脱ダークホースした青山学院大学が、

早稲田を抑えて4位に入選、ということになるかと思います。

 

あくまで、管理人の予想ですから、

参考程度にお願いしますね(笑)

 

 

追記

優勝は、青山学院大でしたね!

初優勝、おめでとうございます☆

 

 

 

【関連記事】

箱根駅伝2015にエントリーした駒沢大学の順位を予想!

2015箱根駅伝の予想を超えた優勝チームは?!エントリー選手が決定打

2015箱根駅伝にエントリーした大学から優勝を予想!イケメンはだれ?

箱根駅伝2015の順位予想は?!駒大、東洋、早大、明大、青学のどれ?

本で話題の「ラン活」!ランニング効果で健康な毎日を

箱根駅伝2015の注目選手!兄弟でエントリーした東洋・服部とは?

箱根駅伝2015の予想順位は?開始時間はいつ?エントリー校は?

 

 

追記

優勝は青山学院大学でしたね!

96年越しの悲願の初優勝でした^^

 

駒沢大学も往路の5区でアクシデントもあり、

とても残念でしたが、青山学院大学のすばらしい走りに感動しました!!

この記事を書いた人

なかやん
なかやん
ウェブサイトをつくったりしている20代男。筋トレをこよなく愛しており、筋トレサークルを立ち上げてしまったほど。睡眠時間が十分でないと、記事作成に支障がでる、燃費非効率なボディに悶々としながら、1つ1つのライティングに思いを込めています。